大腸の内視鏡検査の流れとは

大腸の内視鏡の検査とは、どのような流れになっているのかを今から受けられる方、またまだ受けられたことがない方にお伝えしておきます。まず検査の前日については夕食を早めにすませて消化の良いものを食べるようにしておきましょう。また、早めに就寝されることもおすすめしておきます。それから検査当日については食事やたばこ、それから飲み物などについても摂取しないようにしましょう。また、着替えのしやすい服装で、病院へ行かれる時間については下剤などの前処置があるので時間通りにつくようにしてください。それから下剤を数回に分けて飲みます。それから水便になるまでトイレに通い、それから腸がきれいになったら検査に入ります。検査台で楽に横になります。それから肛門からカメラを入れていきます。この間に医師が腸内を隅々みていきます。ここで検査が終了です。こういったことが内視鏡の検査の流れになります。

大腸の内視鏡を行うメリット。

便が黒っぽいと感じた時や、強い腹痛・便秘と下痢を繰り返す等といった不調を自覚するような時には、大腸の内視鏡検査をされる事が必要な場合があります。胃の内視鏡と同じく、体内の状態を直視出来る為ポリープがないか、発赤していないか・不整な隆起はないか等細かな部分迄確認する事が出来る為です。医師の目から見て必要時にはその部分の細胞を採取する事もでき、確定診断に繋がる場合も多い事から、治療を早める事にもなりそのメリットは計り知れません。又以前は検査を受ける為の前処置がきついという意見も多くありましたが、最近では下剤の品質も改善されてきており、スムーズに腸内を見やすくする事が可能となっています。又ファイバースコープ自体もより患者の苦痛を少なくする為、細く改良されてきているので安心して検査を受ける事が出来ます。

大腸の内視鏡検査とは

大腸の内視鏡検査をするにはいくつかの手順時をつけるべきことがあります。まず検査前日は夕食は早めに食べておきましょう。できれば消化の良いものを食べて、量は少なめに。そして早めの就寝をしましょう。検査当日に気をつけることは、検査前に食事や飲み物、タバコや薬などは飲まないこと。後は着替えやすい服装で検査に望むこと。次に大腸をきれいにするために下剤を飲むため、決められた時間にきちんと病院に行く事です。前処置室では、下剤を数回に分けて、合計2リットルを飲みます。そして何度に通っていると液体のような便になってくるはずです。検査室では鎮痛剤を注射し、時には大腸の緊張を和らげる薬も打つことがあります。そして内視鏡を入れるのは肛門からです。この時は身体の力を抜いて楽にしましょう。そしてそのまま数十分で検査は終了します。

普段は見えない体の内側まで簡単に素早く知ることが出来て、キャンペーンや特典もございますので是非お越しください。 診察料のお支払いにクレジットカード・PASMO・Suicaがご利用いただけます。 保険診療でセカンドオピニオンとして当院を利用していただけます。 高血圧やメタボリックシンドロームなど生活習慣病外来の診察を保険内にて受診することが出来ます。 大腸内視鏡の検査ならたまプラーザへ

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です