大腸の検査には内視鏡が用いられます

大腸を詳しく検査するのには、内視鏡が使用されます。内視鏡は、長い管の先にカメラがついているもので、それを大腸に挿入して、内部をカメラで検査します。小さなポリープなどは、その場で除去することも出来ます。検査を受ける手順としては、まず、検査日を予約します。検査日の前の晩は、一定時間以降は食事が禁止となります。水分は摂っても大丈夫です。当日の朝もやはり食事はできません。病院に行くと、下剤で腸内にあるものを全て排出させて腸を空の状態にします。その後、軽く麻酔を行い、検査となります。昔に比べて、機器が進歩しており、より細く、体に負担の少ないものになっています。また、挿入時の技術なども進歩しています。内視鏡は医師なら誰でも出来るというものではありません。大腸検査などは、消化器科など、専門の病院で受けるようにします。

大腸の内視鏡、定期的にやっています

体のメンテナンスとかチェックってどのくらいの割合で行っていますか。毎年必ず人間ドッグや健康診断をしているという人も多いでしょうね。自分も毎年必ず健康診断をしています。ただ、健康診断だと詳しい検査をしないので、今年は大腸の内視鏡検査をやろうかなと考えています。実は、この検査は定期的に受けています。まだ年齢的には若いので毎年やる必要はないということで3年に一度くらいの頻度で行っています。最初は、どのようなものなのか分からないので緊張もしましたが、一度やってしまうと、なんていうことはないですよ。病院によっては麻酔をして検査してくれるところもあるようですが、自分の行っているところは麻酔はありません。それでも我慢出来る程度の痛みですし、問題はありません。自分の健康を守るためにもこれからも定期的に検査するつもりです。

大腸の内視鏡検査で失敗した事

以前に大腸の内視鏡検査をした事があります。強い腹痛を感じ、病院へ行きました。普段は病院が苦手なので、とにかく我慢してしまうのですが、その時は限界でした。そして、先生より状態を見たいと言う事で内視鏡検査をすると言われました。検査の前日は、なるべくお粥などを食べてくださいと言われました。そして、言う通りお粥を食べていたのですが、その時に海苔も食べてしまいました。いざ、検査をしてみたのですが、海苔が大腸に付着してしまい、確認がしづらいと言われてしまいました。結果、二度も内視鏡検査をする事になってしまいました。これが、失敗です。インターネットで調べてみると、海苔やゴマは付着をしてしまうので、ダメみたいです。その辺を調べなかったのが悪かったです。余計に下剤を飲まなくてはならないので大変でした。今後は同じ失敗をしないように、機会があれば気をつけます。

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です